メニューは自分で選びたい

私が子どもたちの前に立つ大人として「在りたい」姿。

適切なタイミングでメニューを見せ、

子どもたちが興味を示した料理を丁寧に説明する。

求められれば自分の感想や意見も言う。

一緒に味見をしてみたりもする。

その料理の本場に足を運んでみるのもいい。

決して、

「これにしなさい。」とか、

「こっちの方がカラダにいいから…」とか言って、

押し付けたりはしない。

何を選んでも笑顔で「おっ!いいかもね!」と受ける。

そんな大人で在りたい。

…今日はどうだろうか。